アリバイ会社

アリバイ会社の危険性について」

お金を借りる人の理由は様々ですね。旅行や買い物代の足しにするという余裕のある方もいれば、家賃が払えない、光熱費が払えないという切羽詰まった状態で借り入れをする方もいます。また、別のローンの返済ができないからまた新たにローンの申し込みをして返済に充てるという方もいます。

 

ローンの中でもカードローンは来店不要で契約ができ即日借り入れも可能なので、切羽詰まっている状況の時には大変助かります。

 

また、カードローンの審査は他のローンの審査に比べると緩くなっているのもメリットです。

 

びっくり

ただ、審査では職業や勤務先、勤続年数などがチェックされるので、失業していてお金に困っているという場合は借り入れは難しくなります。審査が緩いといっても、無職でもお金を借りれるというわけにはいかないわけです。これは当然のことですね。でも、失業してしまってお金がないという状況の時こそお金を貸してほしいわけです。

 

それで、ある人はアリバイ会社というのを利用します。これは偽装会社とも呼ばれますが、カードローンの申し込みをしたい無職の人に、社員証や源泉徴収などを発行するサービスを行う会社です。

 

在籍確認の電話にも対応してくれるので、ローンの審査を受けることができます。ですから、無職でもお金を借りれることになります。

 

これはとっても助かるサービスと思う人もいますが、アリバイ会社を利用したことがバレれば、その金融機関との取引は一切できなくなります。

 

また、偽ってお金を借りようとしたわけですから、詐欺という犯罪を犯すことになります。また、アリバイ会社自体も信頼できるものではなく、申し込んだ人が必要としていたサービスを受けられず、お金をだまし取られるということもあります。自分がその被害者になったらとても腹が立つでしょう。でも、その人自身も金融会社に対して詐欺を働こうとしたわけですから、あまり同情できないですね。

 

生活に困窮して金に困っているときには、無職でもお金を借りれるなどと宣伝するアリバイ会社を利用するのではなく、家族に助けを求めたり、公的な貸付制度を利用する方が賢明です。