急いでお金が必要 申し込み方法

これが一番はやい!

お金ない

急いで借りたいときには、まず申し込みをしてしまうのが良いです。

パソコンの操作などに慣れている方なら、WEB申し込みが一番はやいです。慣れていない方ならフリーダイヤルなどで電話申し込みをするのが良いです。
どのカードローン会社もまずは審査を行います。一番初めに行うのが仮審査で簡単な内容で融資が可能かどうかを調べてくれるので、まずはこれをクリアしてしまいましょう。
比較的、短時間で審査回答ももらえますし、早いところでは1分で回答してくれます。

 

仮審査が通ったら本審査に入ります。
本審査では様々な情報を正確にカードローン会社に伝えないといけません。
ここで、電話の方なら聞かれたことに答えるだけでよいですし、パソコンやスマートフォンなら入力するだけでよいです。
審査の回答は会社によりけりですが、最短で30分〜40分ぐらいかかります。
この30分〜40分をどう過ごすかによって、借り入れが早く終わるか終わらないかが決まります。

 

まず、WEB完結型で全てパソコンやスマートフォンから申し込みが完了する商品で審査が通ったら、メールでお知らせしてくれる場合はインターネットにつながる環境を維持しながら(ポケットWi−Fiやイーモバイルなどの利用)電話で審査結果を教えてくれる場合は、携帯電話を持って(審査結果を確認出来る状態を維持しながら)振り込んでもら銀行口座が利用できるATMまで移動してしまいます。

 

審査が通って振込が完了したら、すぐに引き出すだけで完了です。

 

次に、WEB完結型ではなくローンカードを受け取ってからの利用の場合は、上記同様、仮審査・本審査ともに完了させてしまいます。もちろん、審査結果を受け取れる用意はしておきます。

 

そして、移動先は自動契約機です。
自動契約機でローンカードを受け取ることができる商品がほとんどですので、近くの自動契約機まで移動してしまいます。自動契約機は様々な場所にあるので自分が使いやすい場所で大丈夫です。

 

審査が通ったらすぐに自動契約機を利用してローンカードを受取りその場で現金を引き出すことができます。

 

以上が急いでお金を借りる方法です。
ポイントとしては審査の待ち時間の過ごしかたになります。
審査に落ちてしまったら、移動した分、無駄にはなってしまいますが、早く借り入れがしたいのなら現金を引き出す準備までしておくと良いです。

急いでお金を借りたいときに気をつけるポイント

入力間違えや言い間違えに気をつける。

本審査の場合、様々な確認事項があります。言い間違えは少ないと思いますが、入力ミスによって審査ができなかったり、審査に落ちてしまうことがあります。

書類を揃えておく

少額の借り入れなら、必要書類は運転免許証などの身分証明書ですが、高額になると収入証明書などが必要になる場合もあるので、先に揃えておくとスムーズに手続きができます。

借入金額は最低限

急いでいる時には、最低限の借入金額だけにしましょう。申し込み金額が少なければ少ないだけ、審査には通りやすくなちます。必要以上に借りることを考えすに、最低限で借り入れをしてください。

即日融資可能を探す

即日融資可能と書かれている商品を選びましょう。急いで借りるときにはその日のうちに振り込んでもらうことがポイントになります。

銀行の営業時間を考える

振込で融資を受ける場合は銀行の営業時間内でないと、振込されても反映されませんから、営業時間を考えて申し込みをしてください。もし、夜中に申し込みをするのであればネット銀行系の商品だと便利です。

カードローン会社の営業時間

カードローン会社にも営業時間があります。その営業時間内に申し込みをしないと翌日の融資になってしまいますから、注意が必要です。

これが一番いい!急な出費に備えて。

 

オーケーサインの女性

急いで借り入れをしたくなる時って、いつそういった場面に出くわすかわからないです。例えば、急な用事で電車では間に合わない!タクシーを使うのにカード払いOKのタクシーを探すのって面倒ですよね。でもお財布には、1000円しかはいっていない・・・なんてこと、ありえなくない話です。

 

そういった、いつ、どんな時に必要になるかわからないのがお金なので、ローンカードを1枚持っておくことをお勧めします。最近は多くの人がカードローンを利用していて、必要なときにサッと使えるようにしています。最近はローンカードが貧乏な人のもの・・・などといった偏見もなく、便利に活用するものとして生活の一部に取り込まれています。

 

便利に使うためには、事前に申し込みをして、ローンカードを財布に入れておくことが一番よい方法です。

 

ローンカードを持っているだけで使用していないのなら、信用情報が傷つくこともまずないでしょうし、利用したとしても、ちゃんと返済をしていれば逆に返済がしっかりとできる人と信頼が増える可能性もあるのです。カードローンに申し込みすることで信用情報が・・・なんてことは心配しないでも大丈夫です。(もちろん、複数枚持っていたり、自己破産や延滞の記録があれば別の話です。)

 

なので、万が一、急いでお金が必要な時に申し込む方法・・・それよりも、急いでお金が必要なときに備えておくものとしてカードローンの申し込みをしておく。
そのほうが、楽しく、快適に生活できます。