無職でもお金を借りれる人

無職でも審査に通る人っているの?

カードローンは他のローンと比べて審査は緩いとはいえ通常無職で収入がない人は借り入れができません。

 

消費者金融や銀行カードローンの申し込み条件にも必ず安定した収入が見込めるというのが含まれています。では、無職だと絶対に借り入れができないかというとそういうわけでもなく、中には借り入れが可能なケースもあります。

 

その一つは配偶者に安定した収入がある専業主婦の場合です。

 

主婦1

無職の専業主婦は、消費者金融なら配偶者の年収の3分の1までの金額なら借りれるようになっています。

 

ただ、契約のためには配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要なのでちょっと面倒なのですが、借り入れをしたいと思っている無職の主婦にとっては助かります。

 

また、銀行カードローンの中にも無職の主婦がお金を借りれるところがあります。管理人は銀行カードローンのレイクがおすすめです。レイクは当サイトでも一番人気があり、初回限定で無利息期間があるのでお得に借りれます。

 

また、無職でもお金を借りれる人の中には年金受給者も含まれます。

 

カードローンの申し込みをする時には普通年収を申告しますが、年金受給のみの場合は年間で受け取れる年金の額を記入します。カードローンの中には年金受給者も借りれるけれど年金受有のみではダメという場合もあります。つまり年金受給をしていてなおかつアルバイトなどで収入がないと借り入れができないというわけです。年金受給のみの方はこの辺をしっかり確認したうえで借入の申込みをしてください。

 

そのほか、無職でもお金を借りれる人は、仕送りなどで生活している学生です。

 

学生もカードローンで借り入れをする時にはアルバイトなどで収入がないとダメなのですが、仕送りも収入とみなされて借り入れができる場合があります。

 

学生のみでカードローンで借金というのはあまりお勧めできませんが、どうしても必要な場合は、学生ローンでの借り入れを検討してみてください。学生ローンは卒業までに返済しないといけにということがなく、社会人になって収入が得られるようになってからゆっくり返済できるところがほとんどです。

 

以上が無職でもお金を借りれるケースですが、無職でお金に困っている人を狙った詐欺もあるので十分注意してください。怪しげな消費者金融には一切近寄らないようにしてくださいね。