総量規制

総量規制とは

メガネの女性

借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借り入れができなくなる法律です。借り入れをし過ぎて返済ができなくなる人「多重債務者」の増加が社会的な問題とされていた時期に、借りすぎ、貸しすぎを防止するために作られた法律で、平成18年に従来の法律が根本的に改正された時に作られました。

 

総量規制が実施されたのは平成22年6月18日からです。平成18年には法律が成立していたのですが、貸し手側のシステム対応や借りれて側の負担も考え、段階的に施行されていました。

 

この賃金業法の対象になる「賃金業者」はお金を貸す業務を行っていて、財務局または都道府県に登録をしている業者でクレジット会社や消費者金融が賃金業者ですが、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫などは融資を行っていますが「賃金業者」ではありません。

総量規制のポイント

年収の3分の1

年収が300万円だとしたら100万円までの融資が受けられ、年収が600万円なら200万円の融資となります。

 

年収を証明する書類

総量規制の商品を利用する場合歯に基本的に年収を証明する書類を提出します。
年収を証明できる書類の一覧です。

  • 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)
  • 支払調書(直近の期間に係るもの)
  • 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上(地方税額の記載があれば1カ月分)のもの)
  • 確定申告書(直近の期間に係るもの)
  • 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)
  • 収支内訳書(直近の期間に係るもの)
  • 納税通知書(直近の期間に係るもの)
  • 納税証明書(直近の期間に係るもの)
  • 所得証明書(直近の期間に係るもの)
  • 年金証書
  • 年金通知書(直近の期間に係るもの)

 

住宅ローンや自動車ローンはどうなるのか

総量規制には「除外」と「例外」になる貸付があります。この「除外」と「例外」に該当する貸付は総量規制の対象にならない貸付になります。その中に住宅ローンや自動車ローンが含まれているので借り入れに問題はないです。

除外

例外

☆ 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
☆ 自動車購入時の自動車担保貸付け
☆ 高額療養費の貸付け
☆ 有価証券担保貸付け
☆ 不動産担保貸付け
☆ 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
☆ 手形(融通手形を除く)の割引
☆ 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
☆ 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

☆ 顧客に一方的有利となる借換え

☆ 緊急の医療費の貸付け
☆ 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
☆ 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
☆ 個人事業者に対する貸付け
☆ 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

 

年収の3分の1以上の借り入れをしたら、処罰はあるのか。

年収の3分の1以上の借り入れをすることは基本的に難しですが、ヤミ金融業者などを利用してしまうと年収の3分の1以上の借り入れをすることが可能な場合があります。借り手側に処罰はありませんが返済が大変になったり、ヤミ金融業者は法外な金利を請求してくるので気をつけないといけません。

 

複数業者からの借り入れの場合

複数の業者から借りれをしている場合は、借り入れしている業者、全ての貸付残高が年収の3分の1以上になってはいけません。

【例】 
年収300万円の人・・・総量規制によって100万円まで借り入れが可能です。
A社から50万円の借り入れ
B社から20万円の借り入れ
C社から30万円の借り入
の3社の合計金額が100万円になるのでこれ以上は借り入れができません。

 

A社で50万円借りているから100万円の残り、50万円を借り入れはできません。何社でも合計金額が年収の3分の1を超えてはいけない決まりです。

 

「年収の3分の1の借り入れをしているかどうか」はどうやって管理されているか

「指定信用情報機関」に集められています。ココには借入残高の他にも年収や借り入れした年月日や住所、氏名、生年月日、勤務先の情報や過去の借り入れデータ等が厳格な情報管理のもの保管されています。自己破産や債務整理などを行った記録もこの機関に残されます。

専業主婦が総量規制対象でも借り入れできる理由

 

グットサイン

上記でも紹介しているので、気がつく方もいると思いますが、専業主婦(無職)が総量規制対象でも借り入れできるのには、「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」が例外としてあるからです。

つまり、旦那さんの年収の3分の1までの貸付は配偶者である奥さんが借り入れしても大丈夫ということです。こういった抜け道を上手に利用して借り入れをしてください。